マイコプラズマ肺炎は本当にしつこかった

先日、娘がマイコプラズマ肺炎かも・・・という話を書きました。

マイコプラズマ肺炎が流行中?頭痛・高熱後の咳にご用心!!
ただ今我が家はえらいことになっております。 というのも・・・長女がマイコプラズマ肺炎の疑いあり( ;∀;) マイコプラズマ肺炎っ...

検査の結果・・・ばっちり陽性反応が出てしまいました(´Д⊂ヽしくしく。

マイコプラズマ肺炎を血液検査で特定するのは難しいらしいのですが(先生談)、ハッキリと陽性だったそうです・・・。

入院はせずに済みましたが、3日連続で点滴に通っております( ;∀;)

しかもこの点滴、3時間くらいかかるんですよね・・・。娘もつらいだろうが、母も付き添い疲れるわぁ(´◉◞౪◟◉)

あ――早く、元気になって学校に行ってほしい。切実に。

私のまわりでは、結構流行っているようです。マイコプラズマ・・・。

先日のブログも「頭痛 咳 高熱」などのキーワードで検索してくださる方が多く、もしかしたら色々な地域ではやっているのかも・・・・?

なんて考えております。

  • 高熱
  • 頭痛
  • 夜間にひどくなる乾いた音の咳
  • 体のだるさ
  • 胸の痛み
  • このような症状があるときは、どうぞ早めに受診してくださいね( ;∀;)

    マイコプラズマ肺炎は、通常のかぜと同じ抗生物質は効かないそうなので、きちんと診断してもらって治療したほうが、ずっと早く治ります。

    スポンサーリンク
    レクタングル大

    マイコプラズマ肺炎の経過

    ※こちらは追記です。おかげさまで完治しました。※

    参考までに、娘の経過を書いておきます。


  • 5月31日、発熱。二日ほどで解熱。頭痛を訴える
  • その後、食欲はあり元気だが、夜間の咳あり。
  • 6月9日、咳が酷くなってくる。受診。
  • 肺炎と診断される。その夜発熱。(二日で解熱)
  • 翌日から4日間、点滴治療。
  • 点滴治療終了後、翌日の診察で先生より登校許可が出る。

  • 登校許可が出るころには咳はある程度落ち着いていましたが、それでも夜中には少し咳き込んでいました。

    マイコプラズマ、本当にしつこいです。

    先生によれば、『痰の絡むような、湿った咳になれば、治りかけている頃』とのことでした。

    その際、痰は出した方がもちろんいいのですが、痰が出せない小さい子なら、飲み込んでもいいということでした。

    2016年、マイコプラズマ肺炎、流行っているようです。

    看病中のママさん、ファイトです!

    はやく良くなりますように。

    ママも体調を崩さないように、体を労わってくださいね!

    スポンサーリンク
    レクタングル大
    レクタングル大
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA