転勤族の夫婦関係・子どもに旦那さんの悪口を言うのは危険だと思う

今日は暗い話ですが。

転勤族ならではの、旦那さんに対する愚痴ってありますよね。

旦那さんに帯同している転勤族家庭の多くは、近くに頼れる人がいない場合が多い。

必然的に、旦那さんの協力が、かなり重要になってきます。

この部分で不満があると、どうしたって、愚痴のひとつやふたつ、言いたくなります。

例えば、

  • 子どもの病気など、ピンチの時に限って仕事で居ない。
  • 妻が心身ともに疲弊している時にケアしない(またはできない)。
  • 育児や子どもの進路について、妻に丸投げする。
  • 仕事がハードすぎて休みがない。(休日も子どもの相手は妻)
  • ・・・・・などなど、上げたらたくさん出てきそうです。

    でね、私、愚痴は言ってもいいと思うんです。

    ただ、愚痴を言う相手を選んだ方がいいと思う。

    お子さんに愚痴を言うのは、極力避けて欲しい。ほんと。

    スポンサーリンク
    レクタングル大

    母親に父親の愚痴を聞かされ続けると、子どもは疲弊し自信をなくす

    何を隠そう、私自身が、幼いころから母の愚痴を聞かされ続けてきた娘です。

    父の仕事の都合で、我が家は母の実家からとても遠い所に住んでいました。

    母自身、それほど社交的な性格ではなく、友達もあまりいなかったみたい。

    また、母はプライドがとても高く、他人に愚痴を言えないのです。

    『かわいそうと思われたくない』『下に見られたくない』と、よく言います。

    ・・・・そんなわけで、母が愚痴を言う相手は、いつも娘の私でした。

    今思えば、母も苦しかったんだということは理解できます。

    でも、聞いている私も、すごく辛くて苦しかった。

    愚痴を聞き続けると、自分が汚いもののように感じるようになる

    ・・・・そう、私、小さい頃からずっと、自分の事を「汚い」って思っていたんですよね。

    毎日、洗濯してもらった服を着ていたし、お風呂にも入っていました。

    でも、いつも心の中で、「私はみんなと違って汚い」と感じていた。

    大人になって、色々な本を読んで分かったけど、これって当然です。

    だって、愚痴を言うのって、ネガティブな感情を言葉にして他人に浴びせる行為ですよね。

    その言葉や、口調は、往々にして汚くキツイものになりがちです。

    毎日毎日、お母さんから、たくさんの愚痴、悪口を聞かされて、それを受け入れなければならない・・・。

    これは本当に、辛いことです。

    浴びせられた汚い言葉は、子どもの体の中に貯まっていきます。

    子どもは、汚い言葉を体の中に貯めこんで、吐きだすことができません。

    汚い言葉は、やがて、子どもの中で腐り、耐えられないような異臭を放つようになるんです。

    しかも、自分にその汚い愚痴を浴びせ続ける人は、「おかあさん」。

    愚痴って、言う相手が、精神的に自立した大人なら、まだいいと思うんです。

    また、当事者でなく、冷静な立場で聞ける第三者であることも大事だと思う。

    ・・・でも子どもはだめです。

    だって、子どもにとっておかあさんは絶対。

    その「愚痴を聞く行為」がどんなに嫌でも、子どもは嫌と言えません。

    愚痴の内容も、そのまま真実として受け止めてしまいます。

    お母さんが抱えきれない愚痴を、子どもが受け止めて、小さな体と心でどうにかお母さんを守ろうとする。

    自分がどれだけ傷ついているか、子どもはわからない。

    だって、そういう環境しか知らずに育つから。それが当然だと思ってしまうんです。

    母は愚痴を言い、その最後にご褒美のように「女の子は役に立つ」と言っていました。

    器量もよくない、長所もない(と思っていた)当時の私は、母に褒められることはあまりなかったのです。

    だから、この「役に立つ」というのが、唯一の褒め言葉でした。

    愚痴を聞くことで、母の役に立っている、と思っていました。

    ・・・・・か、可哀想すぎる(´;ω;`)ブワッ

    先日帰省したときに、うちの娘を前にして母が「女の子は役に立つからね」と言ったとき、血の気が引きました。

    私はそんなことしない。絶対に。

    父親の愚痴を聞かされ続けると、子どもは追いつめられる

    本来なら、父親と母親、両方から注がれる「親から子への愛情」

    でも、お母さんが子どもに、夫の愚痴を言い続けると、子どもは父親からの愛情を受け取るのが難しくなります。

    子どもは母親が言い続ける父親の愚痴を「真実」として受け入れるのです。

    その結果、お父さんを嫌ったり、軽蔑したりします。

    そうすると、当然、お父さんに甘えたり、話を聞いてもらうというのが難しくなります。

    いつも愚痴を聞いている手前、お母さんの前でお父さんにいい顔ができなくなるというのもある。

    こうなると、子どもは逃げ場を失います。

    お母さんの愚痴を聞かされ続けて、すごく辛いんだけど、お父さんに助けてもらう事はできない。

    だってお父さんは、お母さんの敵だから。

    子どもって、どんなお母さんでも、やっぱりお母さんの事がすきなんですよね。

    父親を否定されることは、自分を否定されることに繋がる

    子どもに旦那さんの愚痴を言う事は、間接的に子どもを否定することになると思います。

    何といっても、子どもにとっては「お父さん」ですからね。

    また、親子ですから、子どもがお父さんに似ている部分もあることでしょう。

    私は、父に顔がよく似ているんです。

    父の顔は、客観的に見ると、ぜんぜん悪くないと思う。

    ・・でも、子どもの頃から、繰り返し母の「父への悪口」を聞いてきた私は、父に似ている自分の顔が嫌いでした。

    母はよく、私の顔が「お父さんにそっくりだ」と言いました。

    その度に、「お母さんは私の顔が嫌いなんだな・・・。」と辛かったです。

    (残念な事に、きょうだいの中で父に似ているのは私だけでした・・・。)

    また、母は私の性格についても、

    「恥ずかしがりで引っ込み思案なところがお父さんに似ている」

    「はっきり喋らずモゴモゴ言うところがお父さんに似ている」

    などとよく言いました。

    母にそう言われるたびに、自分は価値がない、みじめな存在なんだと感じていました。

    愚痴はぜひ、お友達かSNSに

    ・・・・・いかん、ちょっと暗くなり過ぎました。

    今日はなぜこんな話を書いたかというと、ちょっと前に知り合いの転ママ&お子さんと話していて、思ったことがあったからです。

    そのママは、お子さんの前で、

    「旦那のせいで、こんなところに連れてこられた。毎日つらいことばっかりだ」という内容の話をしたんですよね。

    そうしたらお子さんもお母さんに同調して「ぼくが転校したのも、パパのせいだ」「ママはパパと結婚しなかったらよかったのに」と答えました。

    そのやり取りから、何となく、「ああ、いつもこの手の話をお子さんにしているんだな」と思いました。

    そのママには、後で「愚痴ならいつでも私が聞きます。」と伝えましたが・・・。

    ママの気持ちも分かるし、面と向かって非難なんて、できなかったな。

    そんなわけで、ブログに書きました。

    私は声を大にしていいたい!

    旦那さんの愚痴は、ぜひ自分の友達か、SNSに!!

    Twitterとか、匿名でできるんだし、どんどん吐きだせばいいと思う!!(`・ω・´)

    (ただし、お子さんに見られないように・・・。笑)

    誰の害にもならず、子どもに悪影響もない!

    やっぱり母親も人間です。

    愚痴の一つやふたつ、いや、3つ4つ・・・・・沢山!!

    あって当然だと思うんです。

    愚痴は吐きだせばいいと思う。ただ、相手を選んだ方がいい。

    最後になりますが、私が子どもを産む前に読んで、長年の疑問が解けた本を貼っておきますー。

    とても有名な本なので、ご存知の方が多いと思いますが(;´∀`)


    転勤族ママ、大変なことも、旦那さんに対して「ムカッ💢」とくることも多いけど、

    同じ転ママと感情を共有したり、Twitterで叫んだりして、精神の平和を保ちましょうね(∩´∀`)∩

    こっそりネットショッピングや、美味しいおやつを独り占めするのもいいと思います(`・ω・´)!!

    それではまた!

    スポンサーリンク
    レクタングル大
    レクタングル大
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. 転妻トリコ より:

      こんにちは。なんか共感できる部分があったので、初めて書き込みさせていただきます。
      私の母(やはりプライドが高い)も、私が幼い頃から、夫(私の父)の悪口だけでなく、愚痴や母自身の中に溜まった黒い感情をよく吐き出す人でした。愚痴って聞かされる方は、どんどん心と体によからぬ何か?が溜まっていきますよね・・・。正直言うと私は大人になってからも母の黒い感情受け止めるのすごく苦手です。

      >長年の疑問が解けた本を貼っておきますー
      スミマセン、私のPCからだと貼ってある本の情報が何故か見えないのですけれど、もしかして本の題名は「毒になる親」ですか?違っていたらごめんなさい。

      • うみのえぎこ より:

        転妻トリコさん、こんにちはヽ(^o^)丿
        コメントありがとうございます。嬉しいです。

        トリコさんも「愚痴を聞かされる娘」だったのですね。辛いですよね。
        プライドが高いと、やはり自分の友達には愚痴は言えないんですかね。
        「黒い感情を吐きだす」という表現、まさに!と感じます。

        >心と体によからぬ何か?が溜まっていきますよね
        って、本当にそのとおりですね。

        私もトリコさんと同じく、今でも母の愚痴を聞くのは苦痛です。

        最近実家がけっこう色々とあり、母は辛いようで、電話で愚痴を聞いていましたが、
        父や私以外の兄弟への恨みつらみを絶叫するような内容で、電話を切った後毎回体調に異変を起こすようになってしまい・・・(゚∀゚)
        自分の生活を普通に送ることができなくなるので、極力電話は避けています。
        「黒い感情を他人に吐きだす」って、本当すごい攻撃力がありますね。

        おっと、脱線してしまった、すみません。
        本は大当たり、「毒になる親」です。あと、同じ講談社+α文庫の「不幸にする親」です。

        母との関係は今後どうしていくべきか、とても悩ましいです。

        トリコさんコメントありがとうございました!えぎこより

    2. きなぴー より:

      これは転勤族かどうかは関係なく、危険とかじゃなくてあかんと思います。わたしも父の悪口ばっかり聞かされて大きくなったクチなので。
      わたしも父の血をひくわたしなんか生まれてこなければ良かったと思ってました。

      てかTwitterでシェアさせていただきました!

      • うみのえぎこ より:

        きなぴーこんにちは(^◇^)

        >これは転勤族かどうかは関係なく、危険とかじゃなくてあかんと思います。

        転勤族ママは、旦那さんの仕事の都合に振り回されることが多くて、一般のママさんより旦那さんに対して色々思う機会が多いかな?という考えで
        「転勤族」とつけましたが、
        確かにどんなお家でも、あかんですね。
        きなぴーも悪口受け止め係だったんですか(T_T)
        そう、生まれてこなければよかったと思ってしまうんですよね。ほんとに。

        こういう話は、現実世界でする機会ってないけど
        (相手の反応によっては結構傷つくし)
        今回身の回りでちょっと思う事があったり、それをブログに書いてみて、コメント頂いたり、
        この「旦那さんの悪口」問題は、いろんな家庭で結構あるのかなぁなんて思いました。

        なのできなぴーシェアありがとう。

        えぎこより

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA