【転勤族の在宅ワーク】クラウドワークスは怪しい?稼げる?やってみたブログ

転勤族の妻は、働きに出るのが難しいです。未就園児がいる間はもちろんですが、子どもが小学生になっても、正社員で働くのはハードルが高い。

低学年のうちは14時半ごろに帰ってくるし、運動会や家庭訪問など、イベントのたびに短縮授業や振り替え休日があります。インフルエンザで学級閉鎖にもなるし、台風や地震で出席停止にもなります。

あとは子どもに習い事をさせるのに、車での必須です。田舎は習い事も数が少ないからね…。

そんなわけで私は在宅ワーク、ライターをしています。

スポンサーリンク
レクタングル大

在宅ライターの仕事を得るには?現実世界で営業orネットで探す

さて、私が在宅ライターの仕事を得ている方法ですが、

  1. 現実の知り合いからのツテ
  2. ネット

のふたつです。

1については、昨年在宅ワークの講座を受講した関係で自営業の方と知り合う機会が増えたため、名刺を持ち歩いてチャンスがあれば営業します。

2について、有名どころは色々ありますが、私が気に入っているのはクラウドワークス



登録やプロフィール設定などが難しくなく、すぐに仕事を探せるので使いやすかったのです。

クラウドワークスのようなネット仕事仲介サービスは、基本的にシステム利用料というものがかかります。

クラウドワークスは報酬の2割。つまり1000円で仕事を受けたら、200円が手数料としてクラウドワークスに引かれます。

「高い」と思いますか?

でもその分、自分で依頼主に請求書を発行したり入金の催促をしなくて済むし、支払いしてもらえないリスクを避けられるので妥当かなと私は思います。

現実で受けた仕事は、お金の回収がスムーズにいかないと結構消耗するので。(まじで)

ネットでの仕事探し、やってみるまで「怪しそう!」と思っていましたが、ちゃんとした案件もたくさんあります。

すぐに仕事できるタスク、採用後に仕事となるプロジェクト

クラウドワークスには、大まかに分けて3つの仕事があります。

  1. 基本的に誰でも参加でき、報酬がもらえる「タスク」
  2. 案件に応募して、採用してもらえば仕事できる「プロジェクト」
  3. 案件に作品を応募して、採用してもらえば報酬を受け取れる「コンペ」

3.のコンペは、制作しても不採用になったら1銭ももらえないため、応募しておりません。

1のタスクと、2のプロジェクトを利用しています。

クラウドワークスのタスクってどんなのがある?いくら貰える?

「タスク」は随時いろいろな案件が追加されます。内容もさまざま。

「保険代理店を利用した口コミ300円」とか、「占いの相談内容(創作)100円」とか、いろいろ。

「美容整形の経験談を、写真付きで」とか「顔写真つきで化粧品の口コミ」というのもあり、ビックリします・・・。数百円でそんな体張れねー!!(笑)

私はサプリの体験談とか、住んでいた地域の口コミなどをやってみました。1件50円~300円くらい。どれも5分10分で終わるものなので、暇つぶしには最適。

いい案件があればこれからもコツコツやります。

クラウドワークスのプロジェクトはとにかくトライ!応募あるのみ!

プロジェクトは、案件にこちらから応募し、採用してもらえれば記事を書くことができます。

「テストライティング」といって、通常の報酬より安めの報酬でテスト記事を書き、それによって合否が決まる…という場合もあります。

クラウドワークスを初めて1か月。私が感じたことは「とにかく挑戦あるのみ!!」ってことです。

初心者はつい怖気づいてしまうけど、挑戦してみないと始まりません。良さそうな案件があればどんどん応募します。

もちろん返信がなかったり、テストライティングで落ちることもありますが、めげずに挑戦。最初はきっと誰でもそんなものだと思っています。

後述しますが、「ブラック案件」も当然ありますので、極端に低単価だったり、依頼内容や言葉遣いに疑問を感じる案件は避けましょう。

記事の掲載サイトを公開しているクライアントであればサイトをチェックし、公開がなければ会社名やサービス名で検索するなどします。

「これいいな」と思ったら、熱意を込めたメッセージと共に応募します。ライターとしては初心者レベルの私ですが、採用してくれるクライアントさんもいます。

ブラック案件に気を付けて

ときどき、「文字単価0.1円以下」なんていう案件もあります。1000文字書いて100円ってことね。

こういうのは、応募しません。あまりにもライターの労力を軽く見すぎですよね。

仕事相手として最低限の敬意を持って接してくれる依頼主さんでなければ、仮に契約してもトラブルが起きるのではないかと思います。

また、違法行為をさせようとしたり、詐欺の片棒を担がせるような案件もまれにあります。

「なんか変だな」という内容の案件には関わらないようにしましょう。

クラウドワークス1か月目、いくら稼げた??

登録1か月、実働たぶん30時間くらいで、受けたお仕事とお金は・・・・

  • タスク10件 1,000円くらい
  • プロジェクト3件 3,400円

合計4,400円くらいでした!時給150円以下(笑)!!

ただこれは、案件を探したりリサーチしたりする時間も含めているのです。この辺りは経験を積むごとに効率よくなってくると思います。

真剣にとりくめば、バイト代くらいにはなりそうだな・・・というのが初月の感想です。

引き続き依頼してもらえた案件もあるので、気合い入れて頑張っています!

やってみる価値はある!在宅ライター

習い事やスポーツと同じで、ライティングも一朝一夕では上手くなりません。練習あるのみだと思っています。

そしてどんな仕事も、最初から上手くできる人は少ない。

ライターとして、お小遣いではなく本当に仕事として、お金を稼げるようになるのかどうか、今はわかりません。

でも、やってみる価値はあると思っています。

ネットを開けば、無数の記事があり、新商品が出るたびに企業の商品サイトがオープンする今。

在宅ライターは需要があると私は思います。
今すぐはお金を稼げなくても、毎日書くたびに経験値も技術も上がる・・・・はずです。

1年後、5年後、しっかりとお金を稼ぐライターになるために。私は今日も書きます!!!!!

引きこもりだから家でお金を稼げたら最高なんだ!!!!

以上暑苦しい36歳主婦がお送りしました。


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みみ より:

    在宅ワークというとクラウドワークスが一番有名ですよね。月10万稼げるという記事をよく見るのですが、色々な点で労力はかかるんですね。在宅ワークについてメリットしか書かれていないものが多く、うさんくさいなと感じることがあります。よほど稼いでいる人でなければ、外に出て働いた方がお金は稼げるのかなという気はしますね。

    お子さんの人間関係構築術とか子ども会、PTAのお話も記事にしていただけると嬉しいです。うみのさんのブログは転勤族に役立つ記事を書いてくださるので、とても参考になります!これからも楽しみにしています〜。

    • うみのえぎこ より:

      みみさんへ
      コメントありがとうございます!

      >月10万稼げるという記事をよく見る
      ちょっとやってみた感じですが、「いい案件」を見抜く力が必要なような気がしました。
      月10万は私からすると途方もない数字ですが、やりようはあるのかな・・・・膨大な時間と労力が必要だとは思います。
      (あくまで、経験ゼロから始めた私の場合ですが)
      どんな仕事でも、らくに稼げるというのはないですよね。
      おっしゃる通り、外に働きに出られるなら、そっちの方が効率は良いと思います!

      ブログのネタをリクエストしてくださってありがとうございます~!!
      もったいないお褒めの言葉もとても嬉しいです(^^)
      また読みに来てくださるとうれしいです!ありがとうございました(^^)/

      えぎこより

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください