転勤族・覚悟を決めてダブル役員を引き受けるの巻

小学校のPTA役員決めが終わり(体育委員をすることになった)ほっとしたのも束の間、
次は幼稚園の役員決めがあったですよ。

現在幼稚園年長児のわが子。

うわさによれば、年長で役員をするのはすごく大変だとか・・・。

お泊り保育やら、バザーやら、お楽しみ会やら、とにかく企画・実行する行事が多いんだそうな。

しかも、バザーは手作り品を製作したりもするようで、園に出向く機会もすごく多いんだそうな。

そんなわけで、毎年なかなか決まらないという話です(´・ω・`)

・・・・・・なのになってしまった私(笑)大丈夫なのか私。

スポンサーリンク
レクタングル大

幼稚園の役員を引き受けたわけ

息子の通う幼稚園では、PTAは、本部役員とクラス役員に分かれています。

私が引き受けたのは、クラス役員。

それというのも、本部役員をしているママさん(仮にAさん)とは知り合いでして。

転勤してきたばかりの当時、
あれこれと本当に親切にしてくれた、優しい方なのです(´・ω・`)

本部役員というのは、やっぱり大変らしく、
週に何度も園で作業をしてくれているわけです。

大変だろうに、いろいろなことを「まぁ暇だしね」と笑って引き受けるAさん。

いやいや、暇なはずないんですよ。

毎日すごく忙しそうなんですよ。

なのに文句ひとつ言わず、いつも周りの人を気遣い、親切なAさん。

天使なのかっ( ´゚д゚`)しかも美人

そのAさんに、先日、
「えぎこさん、クラス役員、もしできれば協力してくれないかな・・・・?」と声をかけられまして。

素敵な笑顔で(笑)

・・・・天使のようなAさんにそんなこと言われたからには、断るという選択肢はない。私には。

「もし、誰も手があがらなかったらやります!!!」と言っちゃいました。

しかし問題が・・・

しかしひとつ問題があったよ!!

クラス委員ってふたりだよ!

つまり、だれか私と一緒にやってくれる人がいないとダメなわけです!!

Σ(゚Д゚;

だ、誰かいるかな・・・・。

なんせ大変(らしい)年長児の役員。一緒にやってくれる人、いるのだろうか・・・。

っていうか、もし私が挙手して、そのあと、
「えー、○○さんとならやってもいいけど、えぎこさんとはちょっとね・・・。」って展開になったらどうしよう。

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

そしたら私、光より早く、あげた手を引っ込めます!!

ちょっと、いやかなり不安を抱えつつ、授業参観当日がやってきました。

そして当日

そして授業参観後の、親同士の懇談がはじまりました。

自己紹介など、和気あいあいと進みます。

お母さん方も談笑、会話が弾んでいる様子。

しかし・・・お決まりの先生のせりふ、
「ではそろそろ役員決めを・・・。」という一言で、その場は無音に。

ものすごい緊張感です。

私は心のどこかで、
「もしかして、どなたか手を上げてくれる人がいるかも??」と思っていましたが、
淡い期待は一瞬で消えてなくなりました。

だよねーーー!!!(;´Д`)(心の声)

Aさんと目が合い、覚悟を決めて手をあげます!ドキドキ!!

あとひとり、誰か手を上げてーー!!

二人でもいいけど!!

そんなことを心の中でギャーギャー叫んでおりました。

そしたら。

Aさんと仲良しで、私も知っているBさんが手を挙げてくれました( ;∀;)

Bさんが神々しく輝いて見えたのは言うまでもない!

一瞬でその場の空気はなごみ、ほかのママさん達からは拍手が起きました。

よ、よかった。

キンチョーしたぁぁぁ!!

というわけでダブル役員

と、まぁこんないきさつで、今年度は上の子と下の子、両方のクラスで役員をすることになったわけです。

ううーん、大変だよ、とは聞くけれど、大丈夫だろうか。

やってみなければ分からないし、なんでもやればできるだろう・・・と思うことにします(`・ω・´)

その後、Bさんに挨拶しがてらお話ししましたが、
Bさんも小学校と幼稚園のダブル役員だって言っていました。

「小学校でも幼稚園でも、役員を引き受ける人っていうのは大体同じメンバーだからねぇ・・・。」との事。

うーん、仕事をしてるお母さんも多いしねぇ。

きっと、このあたりの事情は、毎年役員を引き受けているお母さんからするとちょっと複雑でしょうね・・・。

仕方なく引き受けているお母さんもきっと多かろう。

私は、息子の幼稚園では、クラス委員はいままでしていないので、
2年分のご恩返しの意味も含め、頑張ろうと思う次第です。

私にできるのか、ちょっと(いや、かなり)不安ではありますが。

大変すぎて泣きそうになったら、ブログのネタにしたいと思います。

( ー`дー´)キリッ

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA