【幼稚園】登園しぶりキングの我が息子の話

ようやく週末ですね。

新入園のお子さん・ママさんは、きっとお疲れのころですよね。

お疲れ様です。

登園時は、新入園児の子たちのカワイイ泣き声と、ママさんとの攻防を見かけます。

見ている分には、
「ママのことが大好きなんだねぇ、微笑ましいなぁ」と思うけど、そのママさんにしてみれば、泣かれるのはツライですよね。

うちの息子は年少のとき、学年で一番最後まで泣いていました(;´∀`)。

他の子が、泣かずに登園できるようになってからも、一人だけ泣いていました・・。

自転車で通っていたのですが、毎朝幼稚園が見えるずっと前から、
「〇〇幼稚園には行きたくない!!〇〇幼稚園は大嫌いだ!!!!」
と大声で泣き叫んでいました・・・。(´◉◞౪◟◉)

(営業妨害ですね。)

これには、先生方も「ちょっと・・」と思ったのか、
息子の大声が聞こえたら、幼稚園の外まで迎えに来てくれていました・・・(笑)スミマセン

そんな息子の登園しぶり、

  • いつまで続いたのか
  • 何をきっかけに治まったのか
  • について書いてみます。

    スポンサーリンク
    レクタングル大

    登園しぶり、いつまで?どうやって治まった?

    まず、基本的な息子の性格として、

  • ビビリ
  • 慎重派
  • 心配性
  • しつこい(笑)
  • というのがあります・・・(;´∀`)書いてて将来が心配になってきた

    公園や、児童館などでも、ずっと2歳年上の姉にくっついているようなタイプです。

    登園しぶりいつまで続いた?

    なんと、うちの息子の登園しぶりは、年少の2学期まで続いたんです( ̄▽ ̄)。

    10月ごろになって、
    「そういえば最近、泣かずに行けてる・・・・(´・ω・`)」とやっと思ったくらいです。

    4月、5月はまわりのお子さんも泣いているので、そんなに気にならなかったけど、
    さすがに6月以降は泣いているのはわが子だけで。

    正直、へこんだし恥ずかしかったです。

    でもね、帰ってくるときは笑顔なんです。

    「幼稚園楽しかった!!」って言うんですよ!

    なのに翌朝は・・・また泣く(´;ω;`)ウゥゥ

    どうすりゃいいのさ!!

    4月は一緒になって泣いていた子たちが、ケロッとした顔で普通に登園するのを横目に、
    私は途方に暮れていました。

    未だに泣いてるのは息子ひとり。

    (うちの息子・・・・しつこすぎる)

    なーんて思っていました(;´∀`)

    副園長先生のアドバイス

    そんな時、副園長(50代女性、子育て経験豊富)からこんな風に言ってもらいました。

    「お母さん、大丈夫ですよ。息子さんは、園では楽しそうに遊べています。

    お母さんと離れるのが寂しいだけ。

    これも個性ですよ。

    慎重派にはいい面もたくさんありますよ!」と。

    その時は、ありがたく思う反面、
    「いや、でも泣き止んで欲しい( ̄▽ ̄)」と思ってましたが。

    今になって分かる!!確かに慎重派&しつこいことにはいい面もあります。

    年長になった今、「逆上がり」や「側転」を習うようになりました。

    そういう時、息子はできなくても、出来る子をじーーーっと観察します。

    遠くから、しつこく観察します。

    そして納得したら、人の見ていないところで、出来るまで自主練。

    そりゃもうしつこく自主練(笑)。

    上の娘は器用な反面、諦めもいいので、
    出来ない事は「まぁいっかぁーー(´_ゝ`)」とすぐに諦めがちですが、
    慎重派&しつこい息子は、諦めません。

    だから今、運動神経は決して良くない息子が、色々なことができるようになりました。

    逆上がりは連続も出来るようになったし、縄跳びも得意になりました。

    しつこさのお蔭です。( ̄▽ ̄)

    なので、今お子さんが登園時に泣いて困っているママさん。

    もしも「最後の一人」になっちゃっても、気にしなくていいと思います。

    お子さんにはきっと、「根性がある」( ̄▽ ̄)!!

    後になって、「うちの子、スゴイかも!!」と思う時があるかもしれません。

    先生とのコミュニケーションはしっかり取って、
    あまり気にせず(・・・というのは難しいですが)気長に行きましょう!!

    登園しぶり、どうやって治まった?

    さて、長らく続いた息子の登園しぶりですが。

    治まるのに、(今思えば)きっかけがありました。

    それは、「早退したこと」です。

    その朝、熱もないし咳も出ていないのに、「きょうはちょうしわるいからいきたくない」と言う息子。

    いつもの登園しぶり・・・と思いつつ、
    「もし、具合が悪くなったら先生に言うんだよ。ママはすぐお迎えに行くからね。」と言いました。

    そしたら2時間後、案の定?先生から電話がかかってきましてね。

    「お熱は37度なんですが・・・」と。

    すぐに迎えに行きました。

    すると息子、笑顔で出てくるではないか|д゚)

    怒りたくなる気持ちも少しはありましたが、その日は怒らず、普通に帰宅しました。

    心の中は嵐( ̄ー ̄)

    ・・・・それで気が済んだのでしょうか?

    息子、その後段々と、泣かずに登園できるようになりました。

    勝手に想像するに、「ママは、本当に迎えに来てくれる」とわかって安心したのかな?

    そんなささいなキッカケで、あれほど悩んだ朝の大泣きがなくなり、狐につままれたような気分でした(;´∀`)

    いや、もしかしたら、キッカケなどではなく、それがたまたま息子のタイミングだったのかもしれません。

    その後、何かしらのイベントの前など、一時的な登園しぶりがでることはありますが、
    大泣きしたり、長く続いたりということはありません。

    がんばれ、年少さん!そしてママさん!

    ・・・というわけで、今は泣いていても、いつか笑顔で登園できる日が来ます(*^-^*)

    一番最後まで泣いていた息子ですが、
    そのおかげで他のママさんに顔を覚えてもらったり、先生にフォローして頂いたり。

    まぁ今思えば、いいこともあったかなぁ。

    悩んでいるときは、そんなふうには全然思えなかったけれども(笑)。

    子どもに泣かれちゃうと、ママも本当に切ないですが・・・。

    泣いてしまうのは、きっとママのことが大好きだから( *´艸`)。

    後々、懐かしい、微笑ましい思い出になるはずです。

    週末に、ゆっくりして元気をチャージしてくださいね。

    応援しています!(`・ω・´)キリッ

    それではまた。

    スポンサーリンク
    レクタングル大
    レクタングル大
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA