子どもがインフルエンザ!そのとき転妻の行動は

嫌な季節ですよ・・・。

そう、インフルエンザ。猛威を振るっております。

娘のクラスも、インフルエンザが大流行り。

もちろん我が子も流行りに乗っかり、しっかり感染しております( ;∀;)。

娘、8歳にしてインフル初体験です。

しかし、よく食べよく寝るポッチャリ系の娘、体が強い。

熱は39度ほど出ましたが、一晩で解熱。

朝になって受診する頃には、平熱でした。

「先生、もう熱はないんですが・・・。」というと、イナビルを処方されました。

初・イナビル。

これは一度吸引するだけでいいお薬だそう。

処方されたら出来るだけ早く吸入すべし!車の中で吸入してください!と言われたので、早速車で吸入。

この、吸い口の部分を口にくわえて、ひゅーっと吸い込むのです。

「初めて使う」と言ったら、薬剤師さんが練習用に笛をくれました。

これ。

これで同じようにくわえて、吸い込んだときに「ピー」と音が鳴ればOK。

けっこう強く吸わないと音が出ないんです。

何度か練習して、上手く音が出るようになったところでイナビルを吸入しました。

お子さんが上手く吸えるか心配な時は、薬剤師さんに相談してみると、多分もらえる(ハズ)。

スポンサーリンク
レクタングル大

転勤族・子どもの病気はヒヤヒヤです

さて、子どもがインフルエンザに感染したとき、転勤族の妻がまずとる行動はやはり「買いだめ」でしょうか。

実は病院で、息子と同じ幼稚園の転勤族ママさんに会ったのです。

彼女も子どもさんがインフルエンザとの事・・・・。

「頑張ろうね」と別れたのち、またバッタリと会いました。

ドラッグストアで。(;´∀`)

お互いに、カゴいっぱいにスポーツドリンクやゼリー飲料、パンやシリアル、冷凍食品を買いこんでいました。

「・・・うつらないといいよね、お互い・・・・。」

苦笑いしつつ、また手を振って別れました。

彼女も我が家と同様、ご主人が出張が多く、あまりアテにならないそうで。

自分がインフルエンザになった時に備えて、子どもの食料と自分の水分を確保するために買い出しに来ていたのでした。

自分がインフルエンザになることを想定して買うもの

できることなら、うつりたくない・・・・( ;∀;)。

でも、もしもの時に備えて、スポーツドリンクとゼリー飲料は必須です!!

あとは、子どもの食べ物。

子どもが自分で食べられる、パンやバナナ、ミニトマト、シリアル、ヨーグルト、冷凍食品。

牛乳も必須です。

野菜ジュースも買いこみました。

これさえあれば、数日間はなんとかなります。

ああ、願わくば無事に明日の朝が迎えられますように。

今夜は全国いろいろな場所で、インフルと戦っているご家庭が多いことでしょう。

みなさま、がんばりましょう(`・ω・´)!!

それではまた!!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA