【夫のお小遣い】いくらが適当?


どうもこんばんは。

昨日、落ち込んでいた私のもとに、
夫が勝手に購入したゴルフクラブ&自転車用グローブが届き、私の腸は煮えくり返ったわけですが。

この話、学生時代の友人にしてみたらですね。

”あんたは夫を甘やかし過ぎだ!!”

とコメントを頂きました。

注意※我が家は平均的、イヤ平均以下のふつーーーのサラリーマンです。

夫が務めている会社は、有名企業でも大手企業でもありません。

なので家計に余裕は全く無いのです。全く!!!

そして友人は我が家の内部事情をよく知ってるので、相談しやすいんです。

ママ友さんにこんな話できません。(´っ・ω・)っ

だよね、夫、勝手に買い物しすぎだよね・・・。

と、ここまで考えたところで、思いました。

世間の旦那様は、毎月の自由に使うお金っておいくら位なのかしら???(´◉◞౪◟◉)
って。

んで、ヤフー知恵袋とか色々見まくったわけです。

今日一日それで潰れたといっても過言ではない(`・ω・´)

スポンサーリンク
レクタングル大

サラリーマンのお小遣いはいくらが適当か

お付き合いは重要?!

勿論、いろいろなご意見があるわけですが・・・。中でも一番印象に残ったのが、

サラリーマンにとって、お付き合いは重要な投資である。
自由になる金がなくて、ゴルフや飲みを断っていると将来に関わる。

というような内容の投稿でした・・・。

あ、もちろん男性の意見です。

うーーん、これは確かに一理あるような気がしないでもないような・・・。

こんな記事も見つけました。

夫ヘのお小遣いが出世を左右する?デメリットに注意―ライブドアニュース

記事では、お小遣い3万円の男性を例として取り上げています。

(ちなみに、新生銀行による2014年の調査では、日本人男性会社員の平均お小遣い額は、
39,572円だそうですよ。)

そして記事によると、お小遣いが少ない事によるデメリットとして、

  • 機会の損失
  • 時間のロス
  • だらしなくなる
  • ということが挙げられています・・・。

    機会の損失、ってのは、つまりゴルフや飲み会、
    いいレストラン、セミナーなどに行けないのが理由で、人脈を広げ、教養や人間力を高める機会を逃す、ってことらしい。

    時間のロスってのは、有料のモノを使えばすぐできることを、無料で済まそうとするから,
    その分時間をロスするってことですな。

    だらしなくなる、ってのは、身なりにお金をかけなくなるから・・・ということらしい。

    ちょっと、疑問符が付く項目もありますね(笑)

    小遣い多くても、だらしない人はだらしない。(´◉◞౪◟◉)

    そして独身時代の上司だった人は、小遣いなんと5,000円だった!!けど、いつもパリッとしてたyo・・・。

    けちだったけど。(笑)

    旦那様の身なりに関しては、奥様の性格が出るところでしょうか。

    全く自信がない。うん。(`・ω・´)シャキーン

    でも、記事を読んで最も共感したのは、
    ”夫への小遣いは夫への投資だが、使い道には管理の目を光らせる”
    ってとこでした!

    そうじゃん、いくら投資とか言っても、ムダ遣いはダメですよ!!ねっ(´◉◞౪◟◉)

    そして最後。記事の〆に、私は見つけたのである!!

    私が欲しかった情報を!!笑

    気になるお小遣いの目安は・・・

    お小遣いの目安は年収の10%!!!ですって奥さん!!!

    記事によると、年収が上がればお小遣いも上がるというのがポイントらしいっす。

    そうすれば、夫は自己投資に励むとか・・・ホントか?笑

    でも、さっそく記事をプリントアウトしたぜっ。

    (`・ω・´)

    口の上手い夫が、ハイそうですかと言う事を聞いてくれるわけないけど、
    今回はちょっと頑張って話し合おうと思います(`・ω・´)

    じゃなきゃ・・・将来が不安すぎるぅぅぅ( ;∀;)


    スポンサーリンク
    レクタングル大
    レクタングル大
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA