喪服は大きめを買うべしというのは真実だった。

先日、祖父が亡くなりました。

自分にも他人にも、とにかく厳しかったおじいちゃん。

わたしが小学生の頃は、毎回帰省のたびに通知表を持って行き、正座でおじいちゃんの説教を聞くというのがお決まりでした。

これが普通だと思って育った私。

娘が一年生になって初めての帰省で、義実家に娘の成績表を持って行ったんです。

義父も義母も、反応に困っていました(笑)。

そうか、ふつうのおじいちゃんおばあちゃんは、孫の成績にそれほど興味がないのね・・。

そんな祖父は病の床にいても、最後の最後まで勉強していました。

立派な人です。

祖父は九州に住んでいたので、私も葬儀に参列できました。

10数年前、結婚するときに大枚をはたいて買った喪服を取り出し、いざ出発。

・・・・・し、しかし!!

時の流れは残酷だった!!

10年前の喪服は7号!きつい、きつ過ぎる!!!!( ;∀;)

それでもどうにかファスナーを上げ、身体を押し込んで一日過ごしました。

もう、ほんと、吐くかと思った・・・・・。( ;∀;)

スポンサーリンク
レクタングル大

喪服は大きめサイズを買った方がいいというのは本当だった

この喪服を買う時、売り場のおばちゃんに、「大きめがおススメです」と言われたんですよ。

でも私、「私は太らないもん!!!」と、謎の自信があって7号サイズを買ったんですね。

あの時の私・・・・アホ―!!

・・・で、正直、体重的には2キロ程度しか増えていないんです!本当なんです!

でもきっと、肉の付く場所が変わったんですね。

太もも部分がきつい、腰回りがきつい。

20代の頃には付かなかった場所に、きっちりとお肉がついております・・・・。

10年前の私に言いたい!オバチャンのアドバイスは真実です!!

葬儀の日は一日、ものすごく苦しかったです。

移動距離も長かったし、急がないといけない場面が多かったので、辛かったです。

喪服、ママ友はレンタルしたそう

帰って来てから、ご近所ママ友に、この話をしたんです。

そしたら、そのママも「7号の喪服が入らなくなった」と言っていた(笑)。

もしかしたら、結構多くの人が、「喪服が入らない!!」と慌てた経験があるのかもしれません。

そのママは、義理のお父さんの葬儀があった時、喪服はレンタルしたと教えてくれました。

今や、レンタルもすごく便利になってるんですね!

ネットで注文して、16時までなら即日発送してくれるし、ホテルや斎場で受け取ることもできるんですって。

クリーニングも不要だし、返送もコンビニ等でできるそうな・・・・。

自分の礼服だと、必ずクリーニングしないといけない事を思うと、レンタルもいいですね。

特に、妊娠中や授乳中は、サイズも普段と違うし、レンタルするのが賢いかもしれないですね。

近しい人が亡くなると、やはり心にポッカリ穴が開いたような気持ちになりますね。

改めて、自分の大切な人を、きちんと大事にして毎日を過ごそうと思いました。

それではまた。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA