子どものものもらい・結膜炎にも。我が家の必需品の目薬

子どもって、注意しても目をこすってしまいがちですよねぇ。

親の注意をよく聞くおりこうなお子さんもいるとは思うけど、我が家にはいない。(`・ω・´)

うちの息子、注意を聞かずに目をこすった結果、よく結膜炎になります( ;∀;)

そして私も、逆さマツゲが災いして、よく結膜炎になるのです・・・・。

(改めて書いてみて思うけど、貧乳で下半身DEBUなうえ逆さマツゲって・・・。大丈夫か私。)

まぁ、そんな我が家では目薬は必需品なわけです。

中でも、とっても気に入っている目薬があります。

大正製薬の抗菌アイリスは我が家の必需品

その目薬というのはこれ。抗菌アイリスです(`・ω・´)

0106aeb7c538a375a4780b590e4b7af4f5c63264dc

ドラッグストアなどに売っています。

うちは、だいたい980円くらいで買うことが多いです。

これね、いいんですよー。

  • 一回分ずつの個包装で、衛生的
  • 子どもにも使える
  • しみない、痛くない
  • (私と我が子の場合)ものもらい、結膜炎に効果あり
  • 効果については個人差があるかもしれないけど、我が家では絶大な信頼を寄せている目薬です。(なんか大げさだな。)

    抗菌作用のある目薬って、子どもは「しみるからイヤ!!」と言うことがあるんだけど、これは大丈夫みたいです。

    その上、プラスチックの個包装を開けるのが楽しいらしく目薬を差すのを嫌がりません。

    助かる( ;∀;)!!

    この目薬に出会うまでは、ものもらいや、結膜炎になったらすぐに眼科に行っていましたが、
    今の家って病院が遠いんですよね・・・・。( ̄ー ̄)

    なので、目薬で症状が治まるというのはとっても助かります。

    18回分で980円くらいと、お安くはないのだろうけど、我が家はもう、こればっかりです。

    余談ですが・・・逆さまつげについての話

    ところで私、逆さまつ毛のせいで、子どもの頃は眼科の常連でした。

    当時、逆さまつ毛って、「手術で治す」か、「眼球を傷つける部分のまつ毛を抜く」か、どちらかを選んでください、という指導でした。

    うちの母は、「手術なんてとんでもない」という考えだったので、眼科に行くたびにひたすらまつ毛を抜かれていました。

    まつ毛って、抜くのメチャメチャ痛いんですよー。

    しかも女子にとってはまつ毛、結構大事な存在じゃないですか??

    抜かれるのは子ども心にも悲しかったです。

    そして月日は経ち・・・・。大人になった今。

    まつ毛を抜くのも、手術をするのも嫌な私。

    手術すると、くっきり二重になって目の感じが変わるそうで、抵抗があるんです(;´∀`)

    そんな私は、毎朝マスカラベース(パーフェクトマスカラベースEX)で、まつ毛をがっっちりと上に向けて固定しています。

    私のまつ毛、かなりの剛毛&直毛なんですが、このベースに変えてからはカールが取れなくていい感じです。

    眼球も、まつ毛が刺さらなくなって喜んでいると思う。(`・ω・´)キリッ

    それにしても、今思えば逆さまつげ、子どもの頃にサクッと手術してくれればよかったのになぁと思います。

    子どもの頃なら、顔が多少変わっても、すぐに周囲も慣れてくれそうだし。

    30過ぎて、今さら手術で顔変わるっていうのは、何かねぇ・・・。

    ちょっと勇気がいりますよね。

    ( ̄▽ ̄)(ひそひそ・・・えぎこさん・・・・整形したのね・・・・ひそひそ・・・)ってなりそうですもん。

    と、途中から話が逸れましたが、我が家の目薬事情の話でした!!

    それではまた。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA