転勤族のメリット・実はすごい、転勤族ママ

前記事でも書きましたが、今年は子ども関連で役員をしています。

・・・で、事あるごとにもめています(笑)。

まぁね、保護者もいろいろな考え方の人がいるから。もめるのは当然ですよね。

そんなある日の保護者会で、とあるイベントの係決めをしたんです。

その中で、業者と連絡を取って、モノを仕入れる係がありましてね。

その係が決まらない。

面倒といえば面倒な係なんで、皆さんがやりたくないのは分かる。

でも、業者に連絡を取って、打ち合わせをして、仕入れる品物を決めるという、言葉にすればそういう係なんですよ。

面倒くさいとは思うけど、難しくはない。

ちなみに業者というのは、毎年お願いしている業者。

昨年までの「何をどれだけ仕入れたか」という資料も残っている。

私の役と変わってくれるなら、今すぐ喜んで変わってあげたい!!(笑)

でも、保護者の中で、普段よくクレームをつけてくるママさんがこう言ったんです。

すごい剣幕で、怖い顔で!!

この係は、今まで○○さん(今はいない人)がしていた。私はやったことがないから、やり方がわかりません!!

・・・・って。

このママさん、仮にAさんとするけど、普段から、本当にものすごく色んなことにクレームつけてくる人なんです。

(たとえば、集金袋の形式が去年と違う!とか。)

すごく細かいことを指摘されるので、「きっと、完璧主義なんだろうな」って思っていたんです。

・・・でも、今回の、

やったことがないからわからない、だから自分は引き受けたくないという発言。

すごくビックリすると同時に、今まで細かくクレームをつけられていたことに、納得しました。

Aさんは、「今までやったことのない事をする」のが苦手なんだ!!って。

新しいやり方を受け入れてくれないのも、やり方そのものが嫌だったんじゃなく、Aさんにとって「はじめてのこと」だから嫌だったのかも・・・・。

スポンサーリンク
レクタングル大

転勤族の妻は「はじめてのこと」「はじめての場所」に強くなる

・・・・で。思ったこと。

転勤族の妻である私たちって、好む・好まざるにかかわらず、初めてのことに強くなりますよね

「はじめての場所だから無理です。」とか言って転勤を断ったりできないし(笑)。

転勤になれば、見ず知らずの土地で、なんとか頑張って子どもを育てていく。

誰にも頼れない時、心折れることもあるけど、どうにかやっていく。

知り合いゼロの場所で、自分と子どもの居場所を作って、楽しく暮らせるようになる。

これって、ほんと、すごいことだと思うんです。

私はもともと社交的じゃないし、とても面倒くさがり。

だから、Aさんの気持ちはわからないでもないんです。

初めてのことは避けたいという気持ち。

ずっと地元に住んで、結婚も地元の人として、友達も昔からの仲良しばかり・・・・という環境だったら、もしかして私も「新しい事が苦手」のままだったかもしれない。

転勤族の夫と結婚して、自分の意志とは関係なく転勤が決まって、家や子どもの学校や、習い事や病院など、毎回いろんな「はじめて」にぶち当たる。

そんな、「初めてのことにぶつかるトレーニング」をたくさんしてきたおかげで、今成長できている部分もあるんじゃないかな。

転勤族の妻、大変だけど、苦労してきた事はちゃんと、身についていると思うな。

オチ・やっぱり転妻さんに助けられる

・・・・そんなこんなでこの「仕入れ係」、なかなか決まらず。

仕方がないから役員でやりましょうか・・・・と、諦めムードが漂ったその時!!

「私がやりますよ」と言ってくれたのは、転妻ママでした!!

さすが!!とても助かりました(*^_^*)

・・・・・転勤族、いろんなことがあるけど、自分の人生の修行と思えばアリかもなぁ、なんて思った出来事でした。

おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みみ より:

    はじめまして!転妻で小学生の子供がいるみみと申します。いつもブログ参考にさせてもらっています。

    今年は役員をされているとのことで、色々難しい問題もあるのですね。私はまだ未経験なのですが、低学年で引き受けても、転勤になったら次の学校でもやる羽目になるのかなとか考えてしまいます。えぎこさんは役員を引き受けるタイミングはいつにしましたか?

    やりやすい係など学校によって違うと思いますがもしご存知でしたら教えてください!

    • うみのえぎこ より:

      みみさんへ

      はじめまして!ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

      さて役員ですが、>低学年で引き受けても、転勤になったら次の学校でもやる羽目になる というのは、確実にあります(笑)。
      「前の学校でやりました」とは言えないのがツライですよね(;´∀`)。

      私の場合、断り切れない状況だったので引き受けた・・・というのが正直なところです。

      なので、もし「やりたい」とか「断り切れない」という事情がなければ、頑張って引き受けなくてもいいのかな・・・と個人的には思います。
      そのうち、「避けて通れない」タイミングがやってきたら、その時にやればいいと思います。
      役員、ボランティアなのに大変ですもんね・・・。

      やりやすい係、学校によってホント違いますよね(T_T)
      私は「保健体育委員」を二校で経験したんですが、大変さが全然違ってびっくりしました。
      係決めまでに近くにいるお母さんに聞けたら聞くとか、学校の先生に聞いてみてもいいかもしれません。
      あまり参考になることが言えず、すみません!!
      転勤族、転校~慣れるだけで結構大変だと思うので、無理して引き受けなくても、できる範囲でよいのではないかなと私は思います(^O^)
      (今まで出会った転妻さんで、何度も転校したので役員を経験しないままに卒業したよ~という方もいらっしゃいました。)

      みみさん、コメントありがとうございました(^O^)

      えぎこより

  2. みみ より:

    避けて通れないタイミング…なるほど!!早めにやった方が楽だよ〜と言われてどうしようかと悩んでました。係は学校によって違うんですね。

    友人関係で二番目扱いの記事も読んで、昔そんなことあったなと思い出しました。悲しかったから人にはそういうことしないようにという勉強になりました。

    嫌な人がいても、いつかいなくなるからいいや!と思えるのは転勤族のいいところですよね。ありがとうございました!!

    • うみのえぎこ より:

      みみさんへ

      お返事ありがとうございます(^O^)/

      >友人関係で二番目扱いの記事も読んで、昔そんなことあったなと思い出しました。悲しかったから人にはそういうことしないようにという勉強になりました。

      なるほど!確かに、娘にとっても勉強になる出来事だったんだなと、すごく納得しました。
      そうですよね、悲しい経験をしてこそわかることもありますよね。
      娘にも話します。いいお話を聞かせてもらいました!
      ありがとうございます(^^)ではでは(^^)

      えぎこより

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください